自分の道を創る方法

   ~ 心を大事に育てよう ~

未分類

サッカーの概要

投稿日:2017年3月14日 更新日:

 

サッカーの概要

・球形のボールを使い、2チーム間で行われるスポーツ競技。

・1チームは基本11人。

但し、少なくとも7人以上いれば試合を行うことが可能。

・各チームには必ず1人のゴールキーパーを配置する。

・2チームが敵味方となり1個のボールを、主に足を使い

移動させる。

・自チームのゴールを守りながら、相手チームのゴールへと運ぶ。

・相手ゴールにボールが入ると、得点1が加算される。

・試合は、前半と後半に分かれており、それぞれの制限時間の

満了により終了する。(国際ルールでは前後半45分、計90分)

勝敗が決しない場合は、引き分けとなる。

各種大会などにおいては、延長戦・PK戦を行い、決着をつける

場合もある。

・時間内により多くの得点をしたチームが勝ちとなる。

・手と腕以外の部分であれば、使用することができる。

尚、故意に手や腕でボールを扱った場合はハンドリングという反則行為と

みなされ、相手チームにフリーキックが与えられる。

・ゴールキーパーだけが唯一、手を使えるプレーヤーである。

ゴールキーパーだけが、自ゴール前の一定領域(ペナルティエリア)内に

限り、手を含む全身でボールを扱うことが許されている。

ゴールキーパーは、自チームのゴールを守る役割を持つ特別な選手で

各チームは1人ずつ、このゴールキーパーを配置することが定められて

いる。

・サッカーのルールはサッカー競技規則17条の項目と、国際サッカー

評議会(IFAB)の決定に基づく国際サッカー連盟(FIFA)からの通達により

構成されている。

以上

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フローになる思考

  自分の機嫌は自分でとること、 そのためには4つのツール 「表情・態度・言葉・思考」を使うということが、 心をフローにする為に必要です。 そこで、最後は 「思考」ということについてお伝えし …

no image

アクノレッジする

  ● アクノレッジするー存在価値とつながりを感じさせるー   人は誰しも『存在価値』と『つながり』を 感じたいと思って生きています。 存在価値を否定されてフロー状態に 傾く人はい …

no image

フォワードの法則と応援

  ● フォワードの法則ー『与える』ということー 何かをもらうと嬉しい。 ということは何かをもらうと、 誰もが少なからずフローな方向に傾く ということです。   我々は、いつも何か …

no image

真のフロー状態

  今まで、2つのタイプについて 書いてきました。 タイプ3は 真のフロー状態です。   さて、フロー状態であるタイプ3は どういう特徴があるのでしょうか。   外部要因 …

no image

夢を持つこと・挑戦すること

  ● 夢を持つこと   『夢を持とう』と言われるが、 『夢』ではなく、認知に伴う『目標』に すり替わっている場合が多い。 それには、 『叶う・叶わない』という結果エントリーの発想 …