自分の道を創る方法

   ~ 心を大事に育てよう ~

未分類

サッカーの概要

投稿日:2017年3月14日 更新日:

 

サッカーの概要

・球形のボールを使い、2チーム間で行われるスポーツ競技。

・1チームは基本11人。

但し、少なくとも7人以上いれば試合を行うことが可能。

・各チームには必ず1人のゴールキーパーを配置する。

・2チームが敵味方となり1個のボールを、主に足を使い

移動させる。

・自チームのゴールを守りながら、相手チームのゴールへと運ぶ。

・相手ゴールにボールが入ると、得点1が加算される。

・試合は、前半と後半に分かれており、それぞれの制限時間の

満了により終了する。(国際ルールでは前後半45分、計90分)

勝敗が決しない場合は、引き分けとなる。

各種大会などにおいては、延長戦・PK戦を行い、決着をつける

場合もある。

・時間内により多くの得点をしたチームが勝ちとなる。

・手と腕以外の部分であれば、使用することができる。

尚、故意に手や腕でボールを扱った場合はハンドリングという反則行為と

みなされ、相手チームにフリーキックが与えられる。

・ゴールキーパーだけが唯一、手を使えるプレーヤーである。

ゴールキーパーだけが、自ゴール前の一定領域(ペナルティエリア)内に

限り、手を含む全身でボールを扱うことが許されている。

ゴールキーパーは、自チームのゴールを守る役割を持つ特別な選手で

各チームは1人ずつ、このゴールキーパーを配置することが定められて

いる。

・サッカーのルールはサッカー競技規則17条の項目と、国際サッカー

評議会(IFAB)の決定に基づく国際サッカー連盟(FIFA)からの通達により

構成されている。

以上

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

貴方はどのタイプでしょうか?

  人間の心には 「ストレス状態」 「偽フロー状態」 「真フロー状態」 の3つのタイプがあるのです。 人によって いずれかのタイプに分かれるだけではなく 同じ人物でも 3つのタイプを行き来し …

no image

お天道様が見ている

  新しい第二の脳としての ライフスキルの存在と それにより生み出される フロー状態というものの価値について 書いてきました。 日本人は元々、 このような目に見えないものの価値を 大事にして …

no image

氷山と同じ心の構造

  心の仕組みを考えるとき、氷山を例に出して考えると 理解しやすい。 大きく分けると、海水面の上にある見える部分と、 海水面の下にあって見えない部分とに分かれています。   見える …

no image

楽しませてあげる

  ● 楽しませてあげるー過程の楽しさを感じさせるー   「楽しませてあげる」というライフスキルとは まず『楽しいことは悪いことではない』と 知っていることです。   あ …

no image

周りをフローにするコーチ力

  支援力という6つのライフスキル   スポーツ界における定義では コーチとは相手のパフォーマンスを 最大に発揮させる仕事です。 パフォーマンスの構成要素は大きく分けると 『テクニ …