自分の道を創る方法

   ~ 心を大事に育てよう ~

未分類

コーチングと目標設定方法を見直してみる

投稿日:

 

ビジネス業界はもちろんのこと、

日本中がコーチングの重要性を知り、

これを取り入れることになって、久しい。

相手の目標を達成させるためのコミュニケーションテクニック、

自分自身の目標を作っていくポジティブ思考法まで、

さまざまな形で提供され、

実践されてまた成果も挙げています。

コーチングには、

セルフコーチング、

他者へのコーチングがあります。

 

セルフコーチングでは、

自分の抱える問題や目標の明確化から始まります。

そして、そのために解決方法を見つけ、

それに向けた行動計画を、

自分の思考を考え、整理しながら

見つけ出していきます。

さらには、それを阻害する障壁を明確にしていき、

そのための対策を立てます。

次に、行動、実行へと導いていくわけです。

 

目標達成や問題解決によって、

自分にどんな利益があるのかを明確にして、

それを動機とするように意味づけることを繰り返していきます。

行動内容は明確になり、

一見パフォーマンスが上がったように思えます。

しかしながら、多くの方々が挫折をしたり、

継続できなかったりしていることも事実です。

一体、何故なのでしょうか。

 

それは、結果エントリー、だからだと考えます。

目標と結果に支配されていて、

その結果や目標が達成できなければ、

決して喜べない、楽しめない、ワクワクしないからです。

 

他者へのコーチングに関しても、同じことが言えます。

他者を目標達成に導くコーチングも、

基本的には結果エントリー

つまり認知の脳へのアプローチになっています。

目標ごとに徹底的に話して、数値化して、

質問により行動の内容を明確化していく。

相手のタイプを見極めて、

それに応じた会話スキルを用いながら、褒めていく。

相手に多くの種類の質問を投げかけて、

相手の考え方、物事、出来事の意味づけを変えて、

行動の内容を変化させて、目標達成へと導いていきます。

目標から入って、目標へと導く方法です。

相手を主体としてはいますが、これも認知の脳へのアプローチです。

これは、他人からの『期待』という重圧を背負うことになります。

 

つまり、自分自身にも他者にも結果、成果主義からの

アプローチになっているのです。

この方法論を否定するつもりは、毛頭ありません。

この方法で結果を掴んだ方たちも多くいらっしゃるからです。

 

ここで提案したいことは、

人間が本来持っているが見えない『心』に焦点を当てた

心エントリーの方法を知って頂きたいということです。

 

我々の実際の日常では、

生きていく中で心というものが存在しています。

目標を達成していく過程で、

仲間と分かち合う喜び、

つながりを感じること

感謝したり、自分の成長や進化を自覚したり、

生きがいを感じたりしていくことがあるはずなのです。

心の状態がフローになれれば、人は行動するし働けるのです。

人間の原動力は、

数値化や理由から離れたところにあるのではないか、

と考えます。

 

外圧的な動機からアプローチをしたパフォーマンスには

限界があります。

内発的な動機にによる人間のこころ、

魂から生じたパフォーマンスにはつながりにくいはずです。

 

心をフロー化できれば、成果や目標達成、

あるいはそれに伴う外からの

ご褒美というニンジンがなくても、

人間は高いパフォーマンスを発揮することができるはずです。

気が付いた時には、結果が出ていた、

無我夢中でバットを振ったらホームランになった、

気が付いたら自転車に乗れていた・・・。

一生懸命が楽しくて、ワクワクして、

繰り返しやるうちに集中していく。

過去や未来ではなく、

今のこの瞬間に生きていたらできるようになっていた。

 

目に見えない心の状態をまず意識して、

行動やパフォーマンスを向上させて、

目標を手に入れるという心エントリーの方法。

今の日本人や日本国には

特に必要とされる手法ではないかと考えます。

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

イメージする

  ● イメージする イメージは、 「とらわれ」からの解放をもたらすライフスキル の1つです。 イメージは自由だからです。   フロー状態というのは心の状態なので、 心にフローなプ …

no image

周りをフローにするコーチ力

  支援力という6つのライフスキル   スポーツ界における定義では コーチとは相手のパフォーマンスを 最大に発揮させる仕事です。 パフォーマンスの構成要素は大きく分けると 『テクニ …

no image

自分の機嫌は自分で決める

  心の状態に大きく影響する3要素がある。 それは、環境・経験・他人です。 どんな人間もこの3つに揺らぎ、とらわれるので、 自分の心がフローでない状態(ノンフロー状態)になった理由を この3 …

no image

フローな態度と言葉

  心をフローにする4つのツール、表情・態度・言葉・思考のうち 表情については述べてきました。 今日は、態度と言葉についてです。   ● 『態度』ー「穏やかな態度」「堂々とした態度 …

no image

楽しませてあげる

  ● 楽しませてあげるー過程の楽しさを感じさせるー   「楽しませてあげる」というライフスキルとは まず『楽しいことは悪いことではない』と 知っていることです。   あ …