自分の道を創る方法

   ~ 心を大事に育てよう ~

未分類

フローという状態とノンフロー状態

投稿日:

 

●時間を忘れるほど夢中になって、

1つのことに没頭した経験を持っている

 

●不思議なほどに集中力が高まり、

最高のパフォーマンスを発揮したことがある

 

●仲間と一緒に1つのことを成し遂げたときの、

素晴らしい充実感を味わった

 

●自転車に乗る練習を、繰り返ししていたらある瞬間に乗れた

 

こういう経験は、子供のころからの記憶をたどれば

誰でも1度はあるはずです。

報酬や見返りなどを一切気にすることなく、

そのことに没頭していることが、

何より楽しく、

何にも代えられないほどの充実感を感じる瞬間。

この最高の瞬間を、フローというわけです。

 

現在では、この「フロー」という理論は、

様々な方面で注目を浴びています。

スポーツ界、芸術、教育、ビジネス界にまで広がっています。

「フロー理論」そのものを作中で取り上げているコミックもあるようで、

フローという言葉に触れる機会も最近では増えてきています。

 

心は見えないものです。

あるかどうかも、証明できない。

ただ、私たちには24時間心の状態が

何かしら存在していることは確かです。

また、心の状態が行動の質や、

結果に関与していることも知っています。

つまり、私たちは様々な状況下で、

いろいろな行動をしていますが、

その時の心の状態はフロー状態なのか、

フロー状態でないのか、のいずれかであるということです。

そして、心がフロー状態であれば前述したように、

何にも揺らがず、捉われずに

没頭し、楽しく、充実した瞬間と結果を手にする、

ということの可能性が高まるのではないか、

ということです。

 

このフローな状態をつくるためには、

「第2の脳」を鍛えることが大事です。

自動的に自分の心を「揺らがず・とらわれず」の状態に導ける、

もう1つの脳の機能としてのスキルです。

常にフローな心の状態を、

いつでもどこでも作り出せるスキルを学んでいき、

実践していくことが重要です。

 

人間の脳には、大きく分けて4つの機能があると言われています。

1 生命維持機

呼吸して生きていられる状態

 

2 知識の機能

記憶をつかさどる機能

 

3 認知の機能

自分の周囲の状況や出来事に対して意味づけをする機能

 

4 生きること以外のスキルを学習し獲得する機能

ピアノやギターが弾ける・語学のスキル・箸を使うスキルなど

 

この中でフロー理論に最も影響があるのが、「認知の脳」です。

感情の揺らぎが、

潜在意識の中に思い込みなどの「とらわれ」を形成し、

記憶がバックアップして「とらわれ」を固定化していきます。

「揺らぎ・とらわれ」の心の状態は、

認知の脳の機能が生み出しています。

 

具体的な例を揚げてみましょう。

「雨が降っている」という状況に対して、

認知の脳の機能が働き、

「傘を差す」という行動を決定します。

その一方で、

「雨は嫌だな」という意味付けから

マイナスな感情をも作り出しています。

ただ、「雨が降っている」だけであるのに、

このような感情を作り出し、行動が緩慢になったり、

行きたくないなどパフォーマンスを低下させます。

このような「揺らぎ・とらわれ」の心の状態を

『ノンフロー状態』と言います。

 

私たちは、朝から晩まで、外部の状況や出来事に対して、

意味づけという認知を繰り返しながら生きています。

人間がこの脳の機能を持っている以上は、

誰もがノンフロー状態になるリスクを負いながら生きているのです。

そして、残念ながらほとんどの時間を

ノンフロー状態に傾いたまま生きているのが現状です。

そこそこのパフォーマンスしか発揮できない人生を送りながら、

不満を抱き、自信を持てないまま生きてしまうのです。

 

つまり、認知の脳が我々の心にノンフローの状態を作り出し、

我々の行動を制限させているのです。

このことを知ったうえで、

フローの状態を作り出す「第2の脳」のスキルを知り、

実践していくことが重要です。

 

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

氷山と同じ心の構造

  心の仕組みを考えるとき、氷山を例に出して考えると 理解しやすい。 大きく分けると、海水面の上にある見える部分と、 海水面の下にあって見えない部分とに分かれています。   見える …

no image

夢を持つこと・挑戦すること

  ● 夢を持つこと   『夢を持とう』と言われるが、 『夢』ではなく、認知に伴う『目標』に すり替わっている場合が多い。 それには、 『叶う・叶わない』という結果エントリーの発想 …

no image

アクノレッジする

  ● アクノレッジするー存在価値とつながりを感じさせるー   人は誰しも『存在価値』と『つながり』を 感じたいと思って生きています。 存在価値を否定されてフロー状態に 傾く人はい …

no image

新しい自分になる

  成功法則を学んでも、 何故成功できないのだろうか。 単純な話し、 成功法則を学ぶとポジティブにはなれます。 ところが成功するには、 思考だけではダメで、 行動しなければなりません。 「成 …

no image

信じること

  ● 信じる   生きる上でも、 ビジネスの上でも、 自信を持つことの重要性を 知らない人はほとんどいないでしょう。 しかし、 実際にゆるぎない自信を持つことは とても難しいもの …