自分の道を創る方法

   ~ 心を大事に育てよう ~

未分類

行動してあげる

投稿日:2017年4月29日 更新日:

 

● 行動してあげるー見せることの価値を知るー

 

人は自分の心の状態に影響する情報を

視覚と聴覚から入手します。

すなわち、

外部の情報を主に目と耳から入手し、

認知の脳がその情報に意味づけをして

心の状態を決定していくという仕組みです。

視覚の情報が70%、聴覚の情報が30%

一般には言われています。

つまり、

視覚の情報入手により、

人はかなりの影響を受けているのです。

だからこそ、

解剖学的にも人間の目にはまぶたがあり、

不要な情報は見ない

という選択ができるようになっているのです。

このように、

聴覚の情報入手よりも

2倍以上視覚の影響を人は受けて生きているのです

 

しかし、

人は一方で口が達者に発達しているので、

相手には聴かせることにばかり夢中になります。

『行動してあげる』というコーチ力とは

見られることの影響力を知り、

見せることの価値を重んじた生き方なのです。

キーワードは「聴かせる」より

『見せる』です。

「俺の若い頃はこうだった」とか

「いいからやれ」と言うだけでは

人は何故動かないのかといえば、

この仕組みが人には存在するからなのです。

それでは、人はフロー化しませんし、

パフォーマンスも向上しません。

 

「オフィスの机回りをきれいにしろよ!」と

部下に言ったとします。

それが正しいとか間違いだという理論ではなく

部下は上司の机の上がどうなのかを見て

影響を受けているのだということを

まず知っていることが重要なのです。

すなわち、

人を最もノンフロー状態にする生き方こそ

言行不一致ということです。

言っていることとやっていることが違う

これこそ人間の仕組みに最も反したことなので

人をノンフロー状態に陥れることになるのです。

 

煙草をいかにしてやめるかという講演を

聴きに行ったとします。

「今日の話を聴けば、医学的にも心理学的にも

どんな人も煙草はやめられるので、

絶対に一言ももらさずわたしの話を聴いてください」と

熱心に素晴らしい話を話してくれた講師の方が

隠れて喫煙所で煙草を吸っていると知ったらどうでしょう。

または、その現場を見てしまったらどうでしょうか。

ほとんどの人がノンフロー状態になりますね。

 

ファミリーレストランで子連れのお母さんが

自分の息子に対して、

「ご飯の時はゲームはやめなさい!」と

告げた後で

お母さん自身がスマホをいじっていたら

どうでしょうか。

ほとんどの子供はノンフロー状態になります。

 

すなわち、

どんなに良い内容の話しだったとしても

どんなに良いアドバイスをしたとしても

それでは聴く人の行動の変容につながるような

エネルギーは湧かないということです。

 

しかし、

完璧な人間などいませんし

完璧にならないと人には何も言えないのかといえば

そうではないでしょう。

結局は自分の行動を見つめていくことが

人のためになると同時に

自己成長にもつながるというこです。

おまけがついているのです。

人生を通じて磨くに値するライフスキルと言っても

過言ではないでしょう。

 

自分の行動指針となるモットーを人に伝えて

背中に貼って生きることを自分自身に課していくこと

これがこの行動してみせるというコーチ力を

身に付けていく実践方法のひとつになるでしょう。

 

上司や監督など、指導する立場にあるリーダーは

目標を部下に告げる前に、

自分のモットーを明らかにして

影響を与えていくことが求められます。

 

また、このようなこともあります。

交差点で信号待ちをしていた2人の小学生がいました。

学年は2年生の男の子たちです。

その横をスーツを着たビジネスマンが

何の躊躇もなく赤信号を渡っていったのです。

小学生2人は驚いた様子で「いけないんだ!」と

叫んでいました。

「赤は止まれ、だよね」と言いながら

青信号を小学生は渡っていきました。

そのビジネスマンは何を思い

感じていたのでしょう。

言行不一致を日常からしていれば

自分自身にかえってきます。

そして、

見ている人が必ずいます。

それは、子供たちかもしれません。

社会に出ればあなたの行動も見られています。

会社だけではなく、公共の場に出れば必ず。

 

モットーを背中に貼っていたら

皆さんはどんな行動をするでしょうか。

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

氷山と同じ心の構造

  心の仕組みを考えるとき、氷山を例に出して考えると 理解しやすい。 大きく分けると、海水面の上にある見える部分と、 海水面の下にあって見えない部分とに分かれています。   見える …

no image

フローという状態とノンフロー状態

  ●時間を忘れるほど夢中になって、 1つのことに没頭した経験を持っている   ●不思議なほどに集中力が高まり、 最高のパフォーマンスを発揮したことがある   ●仲間と一 …

no image

信じること

  ● 信じる   生きる上でも、 ビジネスの上でも、 自信を持つことの重要性を 知らない人はほとんどいないでしょう。 しかし、 実際にゆるぎない自信を持つことは とても難しいもの …

no image

フォワードの法則と応援

  ● フォワードの法則ー『与える』ということー 何かをもらうと嬉しい。 ということは何かをもらうと、 誰もが少なからずフローな方向に傾く ということです。   我々は、いつも何か …

no image

個人と組織の関係

  ● 個人と組織の関係   「One for team  Team for one」は スポーツの世界で良く使われている言葉です。 「1人は皆の為に、皆は1人の為に」と 訳されて …