自分の道を創る方法

   ~ 心を大事に育てよう ~

未分類

新しい自分になる

投稿日:2017年5月2日 更新日:

 

成功法則を学んでも、

何故成功できないのだろうか。

単純な話し、

成功法則を学ぶとポジティブにはなれます。

ところが成功するには、

思考だけではダメで、

行動しなければなりません。

「成功したら良いな。」という気持ちは

みんな持っています。

 

ところが、

「成功したらいいな」ということと

「成功に向かって行動する」ということの間には

大きなギャップがあります。

行動するっていうことは、

簡単に言えば

きちんと稼ぐということです。

 

そのために大事なことは、

実践することです。

 

大体、本を読んで、

実行に移せる人は、10人に1人。

9人が評論家であって、何もしない。

その人の現実は

どう転んでも変わらないわけです。

行動だけが現実を変えるからです。

逆に、行動する人は

その目標を実現する確率が

飛躍的に高まるわけです。

 

周りを見てください。

あなたのまわりにいますか?

日本を変えられる情熱家が?

大企業の幹部さん?

政治家?

笑っちゃいません?

じゃあ、誰なんでしょう?

自分の人生を変えてくれて

日本の経済も変えてくれる人は・・・。

 

あなた、ですよ!

あなたがやるのです。

自分に目覚めるのです。

起業家1人ひとりがやる。

そして、

その情熱的なエネルギーが集まった時に

古い現実がクリックされて

新しい現実に変わるのですね。

 

年収を10倍、20倍にするなんて無理なら、

2倍からでもよいわけです。

とにかく自由で、豊かになることを

選択できるわけですからね。

ただし、

「そんな年収、勤めていたら無理」

そうですよね。

年収300万円の10倍は

年収3000万円です。

それを、継続的に稼ぎ続けるのです。

 

2つの選択肢があります。

起業家として、立ち上がるか?

ピストルを持って、銀行強盗か?

答えはわかっています。

起業家として生きることですよね。

わかっているのです・・・。

だけど、決断できないですよね・・・。

それには理由があったのです。

 

決断をするという場合、

普通は、

現在から将来に向かって

思い切った行動をとることを迫られます。

しかしです。

人間は予測できない新しい行動をとることが

非常に困難なのです。

何故なんでしょうか。

 

それは、

次のような心の構造があるからです。

現在にも「いい面」と「悪い面」があります。

将来にも「いい面」と「悪い面」があります。

多くの人が現在の「悪い面」から

現在の「いい面」を捨てて、

将来の「いい面」に移動しようと考えます。

 

例えば、

現在、角部屋で日当たりの良い部屋に

住んでいる、環境も静か⇒現在のいい面

駅から遠く、お店が少なく不便

⇒現在の「悪い面」

駅に近く、商店街が近いアパートに

引っ越しする⇒将来の「いい面」

2階だが、中部屋なので日当たりは悪い。

環境は悪くなる。⇒将来の「悪い面」

さて、決断をすぐにしなさい、と

迫られている状態です。

 

現状の「いい面」は

すべて捨てなくてはならない。

それに

将来の「悪い面」からくる不安は

打ち消せません。

現在の「いい面」と将来の「悪い面」が

自分を引き止めて、

どうにもこうにも前に進むことができません。

これが行き詰まる根本的な原因です。

 

起業家として生きるには、

あなたが会社から独立するわけです。

このような新しい行動をとる場合は

必ず背反する意見が出てきます。

将来の「いい面」を考えると

独立して成功すれば、年収は青天井。

そして、時間も自由に使える。

逆に、将来の「悪い面」は

当面の収入に困る。

失敗するかもしれないと不安になる。

 

このように背反した感情が、

振り子のようにあっちへいったり

こっちへいったりします。

そこで思考停止状態となります。

このような行き詰まりの状況は

誰もが経験しているはずです。

 

何故、振り子状態は起こるのでしょうか?

腕の筋肉と同じで、

上側の筋肉が縮むと、下側の筋肉は伸びます。

下側の筋肉が伸びれば、上側の筋肉は縮みます。

人間の心も同じ構造をしています。

人間が決定する場合には、

それを推し進める立場と、

それに拮抗する立場が必ず生じます。

このような構造をしているからこそ、

人間は理性的な決定ができるわけです。

この構造がなかったら、

大変なことになります。

「鳥のように飛べればいいな、よし飛ぶぞ!」

と思った瞬間にビルから飛び降りる、なんて

すぐに決断していたら、

命がいくつあっても足りませんよね(笑)

 

そこで、私たちが決断をする際には

必ず二律背反する感情が起こって

心は振り子状態になるような構造に

なっているわけです。

行動できない理由がこれなんですね。

 

このような感情の自然な動きが

あるにもかかわらず、

典型的な自己啓発セミナーに行けば

「ポジティブ思考でやれ!」だの

「思い切って決断せよ!」と

現状を否定されるわけなのです。

一時的には、

「おぉー、やるぞー」とやる気が出ますが

3日もすれば熱も冷めて、元の木阿弥です。

私も何度経験してきたことか(笑)

または、

ポジティブ思考を維持するために

セミナー中毒になる、というどちらかです。

 

結局、

振り子状態を認識して、

自分で行き詰まりを打開する

思考の流れを身に付けることが

もっとも大事なことなのです。

 

 

 

 

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

イメージする

  ● イメージする イメージは、 「とらわれ」からの解放をもたらすライフスキル の1つです。 イメージは自由だからです。   フロー状態というのは心の状態なので、 心にフローなプ …

no image

感謝すること・尊重し思いやること

  ● 感謝すること 感謝の脳の機能は、まず人にエネルギーを与え、 人をフロー状態にします。 人から感謝されればフローであり、 感謝している自分もフローになります。 感謝は、『フォワードの法 …

no image

信じること

  ● 信じる   生きる上でも、 ビジネスの上でも、 自信を持つことの重要性を 知らない人はほとんどいないでしょう。 しかし、 実際にゆるぎない自信を持つことは とても難しいもの …

no image

表情・態度・言葉・思考を使う

  自分の心は自分で決める、自分の機嫌は自分でとる。 これを実現するために必要なツールを使っていく必要があります。 心の状態をフローにさせる4つのツールとは・・・ 「表情・態度・言葉・思考」 …

no image

心を磨き、能力を開花させる

  ● 『自分のため』から始める   フローな生き方は、 全ては自分のための生き方です。   誰かの為にフローにならなければならない、とか 自己犠牲の上にフローになるとか …