未分類

好きを大事にする思考

投稿日:2017年4月24日 更新日:

 

自分の機嫌は自分でとること、

そのためには4つのツール
「表情・態度・言葉・思考」を使うということが、
心をフローにする為に必要です。

そこで、最後は

「思考」ということについてお伝えします。

 

●好きを大事にする。

フロー状態にするための必須の感情は「好き」です。
好きと言う感情はセルフイメージを大きくして、
潜在意識にあるセルフコンセプトを柔軟にするものです。

残業で夜中まで会社に残っていると、
大体ですが、
セルフイメージは小さくなっています。

めんどくさい、早く帰りたい、
前もって言ってくれれば残業はなかった・・・。
という状態です。

ところが、

好きな友人たちと夜中まで飲んでいたり、好きなスポーツの試合を、
夜中までテレビで見ているときはどうでしょうか。

好きという感情が存在しているので、
辛いどころか、時間を忘れるほど楽しい。

セルフイメージが大きくなり、そう、フロー状態にあるからです。

また、
「好き」という感情は理屈でもなく、
正しいとか間違いでもないのです。

ですので、「とらわれ」とも無縁です。

例えば

「塩分濃度を分析した結果、このラーメン屋が好き」とか
「皆がサッカーが好きだから、サッカーを好きにならなきゃ」

などということは「好き」にはないはずです。

理由や理屈を認知の脳で作り出してから、好きになるのではないからです。

そこには、根拠がない。。
根拠がなく好きなんです。

固定観念が形成されなくなっていく自分でいられるのです。

つまり、

「好き」という感情をまず大事にするということが、
自分の心をフローにするスキルとなるのです。

 

しかし、

一般に私たちが生きるこの社会は、
好きなことが大事にされにくいのが現状です。

学校に行く頃から好きなことが評価されません。

算数がいくら好きだと言っても
計算ができないと駄目だと言われ、

体育が好きと言っても、
走るのが遅ければ通信簿には反映されません。

 

そんな環境で育つうちに、

「好き」という感情を忘れていったり、
好きなことを端の方に追いやり、
生活していくようになるのです。

そして、「好きなこと」よりも

「得意なこと」づくりに

次第に夢中になっていくのです。

得意は評価されるし、認知しやすい状態だからです。

 

しかし、得意はあくまでも比較論です。

得意だけで生きていこうとすると、
自分の心がノンフローになる危険性が
高くなる可能性があります。

自分が得意だと思っていても、
もっと得意だという人が存在するからです。

「好き」と「得意」は違うのだと知ることが必要です。

 

「得意」は分かち合えないが、

「好き」は分かち合えます。

例をあげれば、

大学や、社会にある同好会やサークルなどは、
「好き」を分かち合う集合体であると思います。

 

本当にフローな人は、

「好き」という感情を大事にしています。

好きなことについて話したり、

考えたり、聴いたりする時間を

大事にしていく自分を作り上げることが大事なのです。

 

その一方で、

どんなことも「嫌い」と言う人も存在します。

この仕事が嫌い、

この職場が嫌い、

この上司が嫌い、などなど。

これは、その人の周りにばかり不幸なこと、
嫌なことが集まるのではなくて

「嫌い」という感情を作り出す脳があることに由来しているのです。

つまり、「悪いところを見る」という認知が根強いからです。

引き寄せにも関係してくるのです。

お手本になるのは。。

子供たちです。

子供たちはこの好きという
認知がとても強いのです。

笑顔があるところには必ず参加しようとします。

また、何かを夢中になってやっている子がいると
皆が集まってくる、などということが
頻繁に起こります。

これが、引き寄せなんですね。

 

例え、

「悪いところを見る」という認知があっても、

あなたには思考の選択があることを

知るべきなのです。

「良いところを見る」という認知の選択もあるということに気づくべきです。

「良いところを見る」という思考を自ら選択して、

「好き」という感情を、自分で湧きあがらせる力を使うべきです。

「好き」という感情を大事にする人は、

「良いところを見る」という思考の選択も実践しているのです。

 

よくこんな質問を受けます。。

仕事が好きになれない、
どうしたら良いのか。。
すぐにでも辞めたい。。

仕事の何が嫌いなのでしょうか?

本当に嫌いなことは何かを明確にします。

実は仕事が嫌いではないのかもしれません。

仕事に関わっている違うものを嫌いなのに、
仕事が嫌いと考えてしまうのは
もったいないことです。

営業の方なら、
飛び込み訪問や売り込みが嫌い、

なのに仕事が嫌いと言っているのかもしれません。

そこを確認して、

その仕事の良い部分は何か、

もっと好きにするためにできることは何なのか、

考えてみることが必要です。

 

「好き」であるという感情を大事にするからフローになり、
良いところを見れるようになる、

という好循環が生まれるはずです。

 

「好きなこと」「好きなもの」「好きな時」を考えてみてください。

-, 未分類
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

新しい自分になる

  成功法則を学んでも、 何故成功できないのだろうか。 単純な話し、 成功法則を学ぶとポジティブにはなれます。 ところが成功するには、 思考だけではダメで、 行動しなければなりません。 「成 …

no image

表情・態度・言葉・思考を使う

  自分の心は自分で決める、自分の機嫌は自分でとる。 これを実現するために必要なツールを使っていく必要があります。 心の状態をフローにさせる4つのツールとは・・・ 「表情・態度・言葉・思考」 …

no image

イメージする

  ● イメージする イメージは、 「とらわれ」からの解放をもたらすライフスキル の1つです。 イメージは自由だからです。   フロー状態というのは心の状態なので、 心にフローなプ …

no image

感謝すること・尊重し思いやること

  ● 感謝すること 感謝の脳の機能は、まず人にエネルギーを与え、 人をフロー状態にします。 人から感謝されればフローであり、 感謝している自分もフローになります。 感謝は、『フォワードの法 …

no image

周りをフローにするコーチ力

  支援力という6つのライフスキル   スポーツ界における定義では コーチとは相手のパフォーマンスを 最大に発揮させる仕事です。 パフォーマンスの構成要素は大きく分けると 『テクニ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。